たぷちぷの北海道ガオりんぐ釣行記

岩内近辺でショアジギにハマってる夫婦の釣り日記です。「がおりんぐ」とは岩内弁で「疲れる=がおる」の進行形だったりします。。。

09<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >>11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初青物ゲット

2011年10月30日早朝、いつもの釣り場へ到着。
後から調べるとこの日は中潮だったようだ。

一般的に中潮だと潮の動きは鈍いのかと思っていたが、季節・場所・時間・天候など様々な条件が複雑に絡み合っているためそんな単純な事ではない事がよく分かった。

写真は撮ってないが、非常に潮がよく動いていたのである。
ほぼ毎週会うおじさんが「今日は潮がいいから期待できるかもよー」なんて言われて早速準備を済ませいつものようにジグを投げ込む。

1時間ほどアタリもなくせっせとキャストを繰り返していると、フォールさせた瞬間いきなり竿先が引きこまれるような強いアタリがきた。

正直あせった。まさか魚が食うとは思わず油断しまくっていたのと、キャストした直後だったのでかなり遠かったのである。

楽しむ余裕など無く、とにかく巻いて巻いてようやく海面スレスレまで上がってきて見えたのは待望のフクラギであった。

がしかし、ラインにテンションをかけながら自分の少し後ろにあるタモを取りに数歩下がろうとした瞬間、痛恨のバラシである。

呆然自失とはこの事であろう。

あまりの自分の慌てっぷりが情けなく非常に悔しい思いをしたが、名前は知らないがいつも会うおじさんに「そういう時は無理しないで声かけて」と言ってもらえたのが嬉しかった。

まぁそれほど大きくは無かったしまたがんばろう、と気を取り直し再度キャストを繰り返すと今度は先程より強いアタリとともに竿先がグイグイ引き込まれた。

今度は妻がそばにいたのでタモ隊をお願いし興奮を抑えながら巻き上げていたが、青魚というのはすごいものでとにかく上下左右に泳ぎまくるのである。

いつもの釣り場というのは基本的に磯のため、岩の近くにいかれたときにはラインを切られてしまうのではないかとヒヤヒヤしながら何とか無事妻の助けを借りて釣り上げることができた。


狙い通りの待望の初青物
fukuragi1.jpg


興奮冷めやらぬ悪ふざけ
fukuragi2.jpg


それにしても強烈な引きであった。気づくと腕が結構疲れていたのでしばらく休憩する事にした。すると妻がすっとんきょうな声を上げて私を呼ぶではないか。

何かと思い向かった先で見たのがこれである。

大量のイワシの群れ
フォト

とにかく大量である
フォト

これを追いかけてきたのかと納得である。

その後2時間ほどキャストを繰り返したがアタリも無くなったので家に戻り、早速妻の母に捌いてもらい刺身でいただいた。

私は白身以外の刺身は基本的に好きでないため、それほど期待もせず一口食べたところ、あまりに美味しくてびっくりした。

これも新鮮さゆえということなのだろうか。
また釣ってみたいものである。

余談であるが、先程のイワシがあまりの大量っぷりでタモですくったらとれるのでは?と思いやってみるとこれが案外とれるのである。

大きさは10cm前後だったので煮干にしてみようと思い家に持ち帰り、塩茹でにして乾燥させて出来たのがこれである。

完全な煮干である
フォト

これがまたウマい。塩茹で直後の写真は残念ながら撮ってないが、茹で上げ直後もうまかったが煮干にすると非常にうまい。普通におやつとして食べれるレベルである。

もっと捕ってこればよかったかな・・・
スポンサーサイト

 | ホーム | 

プロフィール

たぷじろう

Author:たぷじろう
夫婦釣り師たぷ&ちぷが織り成す、愛と憎しみとYシャツと私が渦巻くサスペンス釣り紀行。
魚を欲する欲望は計り知れず、自らの体を犠牲にして磯を彷徨う2人に未来はあるのか。
もうやめて…ちぷのHPはゼロよ…!
あなたの心の琴線に触れたり触れなかったり…戸惑うあなたへレッツフィッシング!

アクセスカウンタ

カレンダー

09 | 2011/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

沿岸波浪予報

最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。