たぷちぷの北海道ガオりんぐ釣行記

岩内近辺でショアジギにハマってる夫婦の釣り日記です。「がおりんぐ」とは岩内弁で「疲れる=がおる」の進行形だったりします。。。

04<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >>06

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

何も釣れないよりはマシか…

2012年5月26日(土) 曇り 中潮 

残念なことに金曜は大阪で会議があったので大阪一泊。自宅に戻った時点で既に土曜の正午近くになってしまったがとりあえず今日も岩内へヒラメを狙いに向かってみた。

そそくさと準備を済ませキャストするうちに何やら違和感。またやっちまったか…とライン回収したところこんな状態。最近ジャーク&フォールを頻繁に繰り返すので致し方ないところではあるがこういうのを解くのは一苦労である。余談だが妻は「もう無理だろ」と思うような糸絡みをいとも簡単に解くという特殊なスキルを持っている。

120526-173126.jpg

投げども投げどもアタリすらなかったところでようやくホッケ。何も釣れないよりはマシであるが…

120526-180900.jpg

その後ホッケをもう一匹追加したが、これ以上釣れる気がしないので今日は終了。

120526-182545.jpg

…のはずだったが事件は唐突に訪れた。水深2~3mのところへ二人揃って落水したのである。

要するに足を滑らせた系なのだが、我々が行くのは基本的に磯のため多少ジャンプしないと目的の地点に行けなかったりする場合もある。今回の事件は、2m程飛び越えないと行けない場所だったので、安全に渡るため流れ着いた流木と魚網で即席の橋を作ったのだが、それを渡る際にバランスを崩し落ちたらしい。

自分でやっといて「らしい」というのも変なハナシだが、あまりに一瞬すぎてよく覚えていないのである。
記憶があるのは「うおっ!?」と思った次の瞬間からである。

幸か不幸か、ウェーダーの浮力により完全に沈まないうちに何とか岸へ這い上がる事が出来たものの、上着はビショビショ、携帯は防水なのに壊れるし車のキーをポケットに入れていたのでエンジンスターターのリモコンその他諸々がおしゃかである。

恐るべし磯。あなどってはいけませんな。


にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ
にほんブログ村



スポンサーサイト

 | ホーム | 

プロフィール

たぷじろう

Author:たぷじろう
夫婦釣り師たぷ&ちぷが織り成す、愛と憎しみとYシャツと私が渦巻くサスペンス釣り紀行。
魚を欲する欲望は計り知れず、自らの体を犠牲にして磯を彷徨う2人に未来はあるのか。
もうやめて…ちぷのHPはゼロよ…!
あなたの心の琴線に触れたり触れなかったり…戸惑うあなたへレッツフィッシング!

アクセスカウンタ

カレンダー

04 | 2012/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

沿岸波浪予報

最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。