たぷちぷの北海道ガオりんぐ釣行記

岩内近辺でショアジギにハマってる夫婦の釣り日記です。「がおりんぐ」とは岩内弁で「疲れる=がおる」の進行形だったりします。。。

04<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >>06

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初弁慶岬

2013年5月18日 晴れ 小潮


ブログ担当妖精が相当ガオっているのでまたもや私の出番である。
この日は波が1m~1.5mとあまりよろしくない予報だったが、行ってみたら案外凪だったりするかもという淡い期待を胸に早朝3時に出発。

向かう先は神恵内~泊方面なので、今回は何となくトーマル峠から行ってみたが大失敗だった。
写真だとそんなにひどくないように見えるのだが、霧のせいでとても視界が悪く、平均時速20km程度でしか走れなかったのである。

130518-041941.jpg

とまぁそんなこんなで何とか現地に着いた我々に追い討ちをかけるように、波が予報通りうねりまくりである。
写真だと分かりにくいので追記してみたが、お分かりいただけるだろうか。2m程の水柱がたつほどである。
それでも何とか波をよけれる場所がないものかと探してみたが、結局どこも危険すぎるので断念。

130518-062125.jpg

西風で荒れたとき寿都湾なら凪だろうということで一路寿都へ。向かった先はご存知弁慶岬である。
現地到着は9時を過ぎており、既にホッケ客で混みあっていたが空いてる場所を見つけキャスト開始。

130518-091724.jpg

ジャーク&フォールを繰り返していたところ、数投しないうちに釣れたのがこちら。小ぶりなホッケである。
ここのところ絶不調だった私にとっては出だしから幸先良いスタートである。

130518-101735.jpg

ところがその後が続かず、2時間ほど経ってようやく2匹目のホッケ。
ビチビチと暴れまくりで写真がうまく撮れないがまぁこういうのもありだろう。

130518-121458.jpg

実は弁慶岬は泊方面よりものすごいうねりだった。

130518-121744.jpg

だっぱんだっぱんと岩に打ちつける波が凄まじく、全身潮まみれである。
妻など頭からまともに波をかぶってしまったようで、びしょ濡れになっていた。

130518-132220.jpg

それでもホッケ釣りの皆さんは手慣れたものである。
足元まで波がきてもさして動じるでもなくウキ釣りを続けられていたが、我々はジグなので波を警戒して手を止めるとあっさり根掛かりするため釣りに集中できず、あずましくないため岩内方面に向かって移動する事に。

130518-132223.jpg

特にこれといったポイントを見つけられないまま風車地帯まできてしまった。サーフからやってみるのもありかと思ったが、基本的に磯にしか惹かれない我々にとって砂浜というのはどうもイマイチなので、明日に備え今日は早めに切り上げることにした。

130518-142808.jpg

せっかく寿都にきたので「寿カキ」なるものを買うため、漁師の直売所のようなところに寄ってみた。

130518-154338.jpg

中に入ってまず目についたのがこれ。ヒラメである。なんともみなぎってくるではないか。
漁師のおじさんへ今年の状況を聞くと、ヒラメに限らず全体的に遅いとのこと。

それにしてもサクラマスの横にあるヒラメは50cmくらいもあるのに1,500円とは。
買おうかどうしようか思わず悩んでしまうお手頃価格である。

130518-154909.jpg

そんなこんなで岩内の実家へ到着。今年も桜が見事に咲いていた。
てっきり今年転勤になるだろうと思っていただけに、また見ることができたのは幸せである。

130518-174618.jpg

本日の釣果はこちら。このうち真ん中の一匹は釣り上げたものではない。特に波が激しく打ち寄せる場所に落ちていたものだ。周囲50m以内に釣り人はおらず、恐らく波と共に岩場に打ち上げられたのだろう。珍しいこともあるものだ。

130518-175755.jpg

そして恒例の車庫焼肉である。直火だと殻がはぜるので、カキは鉄板で焼くことにした。
と言っても私がやった訳ではなく、全部妻の父に準備してもらったものだ。ありがたやありがたや。

130518-181534.jpg

焼き上がったのがこちら。もうぷりっぷりである。そしてめちゃくちゃウマいではないか。
コクがあり、粒も大きく食べ応えがあって、特にカキに目がない妻は大絶賛である。

130518-185306.jpg

翌日は凪の予報だったが、岩内近辺はほぼ昨日と同じくらいうねりがひどいのでまたしても寿都へ移動。

130519-105736.jpg

この日もシブいなりにぽつぽつとホッケを釣り上げる。まずは私が1匹。

130519-121933.jpg

そしてようやく妻にもホッケである。そういえば今週からトリプルフックはやめて、テールは全て自作のシングルフックに変えてみたが、特に問題なさそうである。

130519-123120.jpg

このホッケは結構大きかった。フルキャストして着底直後に食ってきたやつである。

130519-124807.jpg

ホッケポイントは今日も沢山の人でにぎわっていた。
数を釣りたいなら、やはりエサでウキ釣りが一番効率的ですな。

130519-130748.jpg

今日は昨日とは打って変わって比較的穏やかな波だった。やはり海はいいですな。

130519-130822.jpg

1匹写真を撮り忘れたが、本日の釣果はこちら。上の2匹は脂が乗っているようなので背割りにしてみた。
現在我が家のベランダで干されている最中である。

130519-160114.jpg

昨日のカキが非常に美味しかったので、今日も帰りに寿カキを購入。
昨日より少し多めに買ったら若いおにいちゃんが1個オマケしてくれた(笑

130519-162342.jpg

今日も期待を裏切らないぷりっぷりのカキである。
普通のカキは秋~春が旬に対し、寿都は海水温の関係もあって4月下旬からが旬ということだそうな。
毎年品薄になるほど人気があるらしいが、確かにそうだろうと思う。

130519-162433.jpg

釣果の方はイマイチだったがボウズではなかったのでよしとしよう。
美味しいカキも食べられたし、また寿都に行ってみるとしよう。来週も楽しみである。



にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ
にほんブログ村


スポンサーサイト

あけましておめで(ry

2013年5月6日 曇り 中潮


光陰矢のごとしである。前回更新から既に6ヶ月も経過しているではないか。
仕事が非常に忙しく深夜残業&休日出勤の連続というかつてない状況だったが、ようやくひと段落したので日記?年記?を再開してみようと思う。

この半年、釣行回数がゼロだった訳ではない。しかし残っているのは写真のみで記憶がほとんどないので、絵日記のごとく適当に更新していくとしよう。

これは・・・写真の日付からすると12月16日にホッケを釣ったようである。場所はおそらくカブトだろうか。

121216-090806.jpg

脂の乗りがどうだったかよく覚えてないが、多分サイズがよかったのだろう。
背割りにして開きにしているのでおそらくそういうことだと思われる。

121216-113415.jpg

これは12月22日に釣ったマメイカのようだ。場所は多分盃漁港だろう。
大漁した記憶はないのでこのサイズがポツポツ釣れた程度のような気がする。

121222-204511.jpg

ちなみにこのエギは100均で入手したものだ。こんなのでも案外普通に釣れるものである。

121222-214642.jpg

これは確か翌日の沼前岬だったと思う。冬は西風が強く、西積丹はどこへ行ってもまともな釣りは困難である。

121223-150627.jpg

諦めきれず岩内港へ移動したのであろう。かなりの吹雪の中ソイをあげたようだ。

121223-175452.jpg

こちらは妻があげたハチガラ。

121223-180730.jpg

ハチガラで28cmというのはなかなかの良型である。さすが根魚ハンターちぷじろう。

121223-180944.jpg

風は強かったと思うが雪も止みポツポツとレギュラーサイズがあがってくる。

121223-183714.jpg

これは確かリリースしたと思うクロソイ。

121223-190627.jpg

それにしても気温自体が低く強風も手伝い体感温度は相当低かったと思う。
何となく思い出してきたが、そんなに長時間やるつもりはなかったので釣った魚はそのまま自然冷凍しようということで放置しておいたら30分でコチコチである。

121223-192523.jpg

車に戻って納得した。外気温がマイナス15℃とは…どうりで寒いはずである。

121223-220738.jpg

この日の釣果はこちら。ハチガラ1匹+クロソイ2匹。多分彼らはこの後美味しい刺身になったはずである。
ごちそうさまでした。

121223-224539.jpg

これはハチガラかソイの胃袋に入っていたもの。カニは分かるがヤドカリ丸ごとというのは初めて見た。

121224-003926.jpg

更にその翌日、カブトに行ったようだ。
クリスマスイブに磯で釣りとはロマンチックのかけらも無いが、私はそういうイベントへの関心が薄い。
確かお仲間も1~2人しかいなかったと思う。

121224-135617.jpg

投げどもシャクれども私はさっぱり釣れなかったが、妻はホッケをあげたようだ。
昔はワーム派だったのに最近はすっかりジグがお気に入りのようである。

121224-142702.jpg

寒かったが天気はよかったと思う。青空と、雲の切れ間から差し込む光のコントラストが非常に美しい。
自然の中というのは本当に癒される。

121224-152122.jpg

本日の釣果はこの1匹のみ。

121224-162110.jpg

せっかくなので背割りにしてみた。手前味噌で恐縮だが、なかなかいい感じである。

121224-162804.jpg

これは・・・日付が12月31日になっている。多分岩内への移動中なのだろう。
しかしひどい吹雪だった。ホワイトアウトなど特に珍しくは無いが、やはり見えないというのはおそろしい。
写真だと案外見えているが、実際には視界が10m程度あるかないかぐらいだったと思う。

121231-181511.jpg

元旦も天気は大荒れだったようだ。夕方にカブトへ様子見に行ったがとんでもないことになっていた。
凄まじい波である・・・

130101-160403.jpg

日本海は大荒れで釣りにならないので、諦めの悪い我々釣り班は噴火湾方面へ向かうことに。
これは国縫漁港だったろうか。日本海とは一変し、風も波も無い静かな夜だった。

130101-224626.jpg

コンディションはよかったが、とにかくアタリ一つ無いのと寒すぎるので撤収することに。
これは冷え切った体を温めようと、途中のコンビニで買ったコーンスープ的なもの。
実は生まれて初めて買ってみたものだが、なかなかうまかった。

130101-233107.jpg

翌日もカブトへGO。しかし波が荒すぎて立ち位置が限定されてしまう。

130102-144005.jpg

お仲間も我々釣り班以外は2名という状況。
あずましくていいのだが、同時にそれは時期的に獲物が少ないということと同義なのが悲しい。

130102-144036.jpg

これは確か偶然引っかかってきたかわいそうなマメイカ。
底からシャクりあげてくる途中、ふっと竿先に微妙な重みを感じたのは気のせいではなかったようだ。

130102-144234.jpg

これは・・・表層を早引きしてたときにかかったもの。
かけたときはこの重さは今度こそ獲物だろう!とwktkしただけに苦笑である。

130102-151852.jpg

特に意味は無い。帰り道、ひどい吹雪だったので思わず撮影した次第である。

130102-201311.jpg

これは、週も変わって1月14日となっている。うねりがひどいですな。
こういう日は、何の前ぶれもなく非常におおきなうねりが唐突にきたりするので要注意である。
獲物の写真が無いので当然ながらボウズということだろう。

130114-122737.jpg

同日夕方、どこの漁港か忘れたが妻がマメイカをゲット。釣果は確かこの1パイのみ。
忙しいと言いながらもなんとか釣りに行けていたのはこの日まで。これを境に3ヶ月近く仕事に忙殺されていた。

130114-175242.jpg

そして年度も変わり、ようやく忙しさも一段落したので待ちに待った久々の釣行である。
3ヶ月半も釣りをしていないとちゃんとキャストできるんだろうかと心配になったが、気がついたら普通に投げてシャクっている自分に気がつく。まぁ当たり前といえば当たり前か。

私は全く釣れなかったが、妻が良型のホッケを釣り上げる。うらやましい。
私も魚の引きを味わいたかったが、残念ながらアタリすらなし。

130429-164300.jpg

日付が変わりこの日は5月4日。ソイでも狙うべかと、岩内港へ。しかし釣れたのは妻のみ。悲しいものである。
そういえば写真を見てお分かりになるだろうか。皮一枚である。よく切れずにあがってきたものだ。

130504-215353.jpg

この日の釣果はホッケ2匹、マゾイ1匹、そしてマガレイ1枚である。
このマガレイ、妻がジグで釣り上げたものだ。

カレイがなぜジグに食ってきたのか非常に不思議だったが、妻曰く、たまたまジグが着底してシャクりあげたところにいたのだろうということだった。なぜならばアシストフックが下顎から上顎まで貫通していたというのである。
珍しいこともあるものだ。

130505-172857.jpg

その日の晩は恒例の車庫で焼肉である。これは親戚の漁師からもらってきたニシン。
何故かは忘れたが、ニシンとは脂臭くてウマくない魚だ、と思っていたのだが驚愕した。
めちゃくちゃウマいではないか。こっこもたっぷり入っており、大満足である。

130505-191637.jpg

翌日いつもの磯でようやく獲物をゲット。こうまで釣れない日々が続くと、アメマスであっても嬉しい。
写真は無いが、妻は良型ホッケを釣り上げていた。

130506-151934.jpg

夕日が何とも美しい。釣果は寂しいが海に来れただけでも楽しい。やはり日本海はいいですな。

130506-180846.jpg

本日の釣果はこちら。アメマスとホッケ。アメマスはどうやって食べたら美味しいのだろうか。

130506-193223.jpg


はーようやく終わった。つらつら書けばさくっと終わるだろうと思ってたのに10日近くかかってしまった。
今日はもう5月19日である。最近サクラマスを狙っているがさっぱり釣れない。脈絡なさすぎですね。
次の日記はブログ担当の妖精へバトンタッチすることにしよう。




にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ
にほんブログ村



 | ホーム | 

プロフィール

たぷじろう

Author:たぷじろう
夫婦釣り師たぷ&ちぷが織り成す、愛と憎しみとYシャツと私が渦巻くサスペンス釣り紀行。
魚を欲する欲望は計り知れず、自らの体を犠牲にして磯を彷徨う2人に未来はあるのか。
もうやめて…ちぷのHPはゼロよ…!
あなたの心の琴線に触れたり触れなかったり…戸惑うあなたへレッツフィッシング!

アクセスカウンタ

カレンダー

04 | 2013/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

沿岸波浪予報

最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。