たぷちぷの北海道ガオりんぐ釣行記

岩内近辺でショアジギにハマってる夫婦の釣り日記です。「がおりんぐ」とは岩内弁で「疲れる=がおる」の進行形だったりします。。。

10<< 123456789101112131415161718192021222324252627282930 >>12

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マメイカ祭り

2012年1月2日 晴れ 小潮

一応エギは数種類持っていたものの正直言って「イカを釣ろう」と思って使った事は無く、いつかはやるかもしれない程度の気持ちだったが昨年買ったエギング北海道という雑誌を見て以来、エギでイカを釣ってみたくてうずうずしていた。

この日も予報とは裏腹にキャストできないという程の風では無かったのでいつもの場所に向かってみた。

そしてこの時期と言えば少し気が早いかもしれないが狙いはヤリイカ。やったことも無いエギで果たして釣れるのかどうかさっぱり分からなかったが何事も経験である。

確か現地に着いたのは22時頃だったろうか。例年この時期は釣り場への入り口が雪で塞がれているため車では奥まで入れないのだが何故か今年は綺麗に除雪されていたため行ってみることに。

…結論からいうと撃沈だった。状況としては悪く無かったと思うのだが腕が未熟なのは言うまでも無いがいかんせん時期も早かったのであろう。3時間程タナを変え誘いを変え立ち位置を変えとキャストを繰り返すも釣れたのはマメイカ一匹のみ。

さすがにこれ以上粘っても無理なので撤収する事にしたもののこれではいかんせん不完全燃焼。様子見がてら近くの漁港へ行ってみたのが大正解だった。

先客が1名おられたので状況を聞いてみるとマメイカが釣れてますよ、との事。確かに足元にあるバッカンは水が真っ黒で一体何杯のマメイカが入っているのかが分からないが相当数である事は間違いなさそうである。

早速準備を済ませ2号のエギを投げ込んでみたところあっさりと釣れたのにはびっくりである。海中をよく見ると肉眼でも確認できるほど相当数の群れがいるようである。

1キャスト1ヒットとはこの事であろう。まさに釣堀状態である。矛盾するかもしれないが正直釣れるなどとは思ってもみなかったのでバッカンなぞ用意しているはずもなく、止むを得ないので足元の雪を踏み固めそこにポトポトと落としながら10分と経たないうちに数十杯が釣れたのである。

あまりの魚影の濃さにダブルヒットも連発である。

マメイカ1

マメイカ2

そんなこんなで1時間ちょっとの釣果がこれ。妻と二人で160杯くらいであった。

本日の釣果

楽しさにまかせ釣ってみたもののさてどうしたものかと思ったが他に思いつかなかったのでまずは大きめのを5~6杯刺身にしてみたがなかなかいい感じである。

マメイカ刺身

妻が「丸焼きにしたらいいかも」というのでそれもアリだなと思いそのままフライパンで焼いてみたがこれまた想像以上にいい感じ。

マメイカ丸焼き

早速食べてみたが非常にウマい。エギング最高である。しかし欲を言えばやはり引き味を楽しめるヤリイカを今度は釣ってみたいものである。

にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

COMMENT▼

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK▼

http://wkstn013.blog.fc2.com/tb.php/11-c072f211

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 

プロフィール

たぷじろう

Author:たぷじろう
夫婦釣り師たぷ&ちぷが織り成す、愛と憎しみとYシャツと私が渦巻くサスペンス釣り紀行。
魚を欲する欲望は計り知れず、自らの体を犠牲にして磯を彷徨う2人に未来はあるのか。
もうやめて…ちぷのHPはゼロよ…!
あなたの心の琴線に触れたり触れなかったり…戸惑うあなたへレッツフィッシング!

アクセスカウンタ

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

沿岸波浪予報

最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。