たぷちぷの北海道ガオりんぐ釣行記

岩内近辺でショアジギにハマってる夫婦の釣り日記です。「がおりんぐ」とは岩内弁で「疲れる=がおる」の進行形だったりします。。。

07<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >>09

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アメマス新記録達成^0^

2012年5月3日(木) 晴 中潮 強風

まさかの妻ちぷであります。
本当はこの記事は夫担当であったのですが、多忙のため、わたくしが書かせていただくっぷー。
語尾にイラッとした気持ちはわかりますが、今日はサクサクと書き進めていきますので
もう少しお付き合いいただきたいっぷー。


さて、この日のことですが、ほぼ忘れました。くすくすー。
今日もいつも良く行く磯であります。
写真を見る限り、夫はまたもやホッケを釣ったようです。

120503-083808.jpg


おお、少しづつだけど思い出してきたぞ。
私の大好物であるワームを使い、ベタ底を探りながら巻いてくると、静かな当たり。
のそっという、ヤツ独特の重さと共に上がってきたのは、とても久々のカジカ氏である。

120503-085333-1.jpg


サイズはそれほど大きくはないが、彼はこの後、カジカ汁へと変貌を遂げる。

余談だが、私はワームが大好きだ。夫はジグを好んで使っているが、どうも私の場合ジグでは
釣れる気がしない。
それにジグだと、根が多数ある場所では表層~ぎり中層までが限界であろう。
その点ワームで、しかも最強のテキサスリグであれば、根がかりの心配が減り、ベタ底を
思う存分楽しむことができるのだ。

であるから、おのずと2人の釣果は魚種が違ってくる。
私は主に、根魚系。夫は回遊系といったところか。



さて、ひとしきり釣りもまったりとしてきたところで、夫が素敵なものを発見した。
写真では全くよくわからないが、私たちがよくスカリを沈めておくのに使っていた潮溜まりの中に
なんとホッケが佇んでいるでいるではないか。

120503-104701.jpg
もしかしてと思い、その隣にある潮溜まりも見てみると、なんとそこにもホッケが一匹
いるのである。

きっと満潮の時に取り残されたのであろう。

この状況を目にしてしまったからには、我々潮溜まり班が動かないわけがない。
中でも部下である夫は、水を掻き出すことにおいては岩内町内で一目置かれている。
「掻き出しのたぷ」と言えば泣く子も黙る、恐ろしいほどの掻き出しっぷりである。
彼は潮溜まりの掻き出し一つでここまで成り上がったと言っても過言ではないだろう。
いや、過言でした。

早速喜び勇んで潮溜まりにスッポリ潜入する夫。
水を掻き出している時の彼は最高に輝いている。
120503-105440.jpg

このまま順調に輝き続けるかと思われた夫だが、怒涛の掻き出しの結果、瞬く間に水位が下がり
とてもつらい体勢での掻き出しを余儀なくされたらしい。
少し目を離していた私が、ふと夫に目を戻すと衝撃的な姿を目の当たりにし、呆然とした。

そこには今まで目にしたことのない不思議な生物がスッポリと穴に収まっている。
な、なんだこれは……。私はやおらカメラを手に取り、この瞬間を逃すまいとシャッターを切った。

その生き物がこちらである。

120503-105453.jpg

お分かりいただけただろうか…。
こんなにもスッポリすることが果たして許されるのだろうか。
スッポリにも程があるだろう。もはやこれはスッポリの権化だ。
まるで昔からそこが棲家であるかのようにそれは静かに、しかし力強くスッポリしていたのである。
彼の知らなかった部分を垣間見たような気がした。
世間は広しと言えど、ここまでのスッポリさんはそうは居ないだろう。
改めて夫を誇りに思う。

その甲斐あって、潮溜まりのホッケは見事我々に捕獲されたのであった。


スッポリが終わったのも束の間、今度は強風により夫がぷっくりしていた。
普段スリムな夫が強風により、まるでアッガイのようになっていたので思わずシャッターを
切ってしまった。

120503-125334.jpg

なんという膨らみっぷり。ベーキングパウダーでも入れて焼いたような見事なぷっくりだ。
うん、ただそれだけ。そんな目で見ないでよね。


ぷっくりしたまま釣りを続けていた夫が、唐突に「きたぁ!」と叫んだ。
長時間何も釣れていなかったため、思わず私も「おぉ!」と反応し、魚体が見えるのを
今か今かと待ち望んでいた。

上がってきたのはなんとアメマス。いつものことだが狙ってないのに釣れてくる。

120503-133248.jpg

しかも48cmと、また記録をあっさり塗り替えてしまった夫である。

120503-133405.jpg
少し前の釣行で私にばかり3匹もアメマスが釣れ、おそらく内心穏やかではなかった夫であろうが
これで満足したと思われる。く、くやしい、ぷるぷる。

なんだかんだで、今日はホッケ、カジカ、アメマスも釣れ、それなりに満足したので実家へ帰宅。
そこには以前釣ったと思われるアブラコの刺身が用意されていた。
120503-180549.jpg

今日の夕食。釣りでへとへとに疲れて帰るといつも食事が用意されていて本当にありがたい。
120503-180600.jpg
いつも食事を用意してくれている母親には申し訳ない気持ちだが、母親自身も釣果を楽しみにしている
ようなので、この食事のエネルギーを存分に釣りに注いで行こうと思うっぷー。

ふう。なんだか適当に書き進めてしまいましたが、お付き合いありがとうございまっぷー。
イラッとしたなら思う壷っぷー。
スポンサーサイト

COMMENT▼

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK▼

http://wkstn013.blog.fc2.com/tb.php/20-016f7651

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 

プロフィール

たぷじろう

Author:たぷじろう
夫婦釣り師たぷ&ちぷが織り成す、愛と憎しみとYシャツと私が渦巻くサスペンス釣り紀行。
魚を欲する欲望は計り知れず、自らの体を犠牲にして磯を彷徨う2人に未来はあるのか。
もうやめて…ちぷのHPはゼロよ…!
あなたの心の琴線に触れたり触れなかったり…戸惑うあなたへレッツフィッシング!

アクセスカウンタ

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

沿岸波浪予報

最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。