たぷちぷの北海道ガオりんぐ釣行記

岩内近辺でショアジギにハマってる夫婦の釣り日記です。「がおりんぐ」とは岩内弁で「疲れる=がおる」の進行形だったりします。。。

10<< 123456789101112131415161718192021222324252627282930 >>12

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

恐怖のアブラコ

2012年5月12日 曇り 小潮


日記書くのを溜め過ぎである。新しい記事を書くには古いのを仕上げなければならないのでやっつけだがさくさくと書き進めてみる。非常に記憶が曖昧であるがこの日も我々釣り班はAM5:00磯へ到着。予報では波高50cmとなっていたようだがベタ凪である。

120512-051737.jpg

この磯、基本的には岸から50mくらいまでは根だらけなのだが遠投すると砂地になるのでまずはジグをぶん投げ着底したらリフト&フォールで探りを開始。2~3投目だったろうかフォール後にしゃくるとドスッといいアタリと共にあがってきたのはアブラコ。

120512-052320.jpg

計測してないが40cm前後と思われる。

120512-052406.jpg

黙々とジグをキャストすると次にあがってきたのはホッケ。気のせいか段々型が良くなってきたような気がする。

120512-053120.jpg

その後ポツポツと30cm程度のホッケを釣っていたところ根魚ハンターの妻がアブラコを釣り上げる。地味に彼女は我々釣り班の中でも根魚系大物記録を保持しているあなどれない存在である。

120512-061654.jpg

その後もホッケがあがってくる。これは確か35cm以上はあったと思う。数週間前は30cmに満たないサイズばかりだったのにここ最近は35cm以上の良型が混じるようになってきた。

120512-065516.jpg

気分転換でワームにチェンジ。中層~低層をリフト&フォールで探っていたところ小ぶりのアブラコがヒット。確かリリースしたと思う。

120512-072623.jpg

やはり底を狙うとどうしても根掛かりは避けられない。この時も根掛かりしたので止むを得ず切ろうとしたら何やらズボっと抜けたような感覚。巻いてくる重みからコンブか何かかと思いきやホヤ…速攻で海にお帰りいただく。

120512-073741.jpg

その後昼近くまでアブラコを2本追加し妻の実家へ帰還。

120512-111130.jpg

120512-111252.jpg

120512-112815.jpg

実家の近くに咲いていた桜の古木。枝ぶりが見事である。

120512-131841.jpg

本日の釣果はアブラコ7本、ホッケ6本であった。

120512-132731.jpg


今日の本題はここからである。グロ画像では無いが人によっては非常に不快に感じる方もおられると思うので画像はサムネサイズで載せている。興味のある方だけ自己責任で見てください。

要は、いわゆる寄生虫の画像である。私は基本的にそんなものは除去さえすれば何ら特別気にしない性質だが今回は違った。寄生している数が凄まじいのである…数え方が「匹」なのか「個」なのか分からないが、40cm程度のアブラコ一体に大体100個ぐらいの虫が寄生していたのである。

あまりの異常事態に現物を見た瞬間、そのおぞましさに全身が異常なほど痒くなりひとしきり掻き毟ってしまった程である。という事なので、ブツブツ系に弱い方はご遠慮いただきたい。

釣り歴が短いという事もあるのだろうが今後の同様の事が続いた場合の対策を立てるため札幌に戻ってから保健所に問い合わせてみた。以下保健所への質問とその回答であるが、結論、もし食べたとしてもアニサキスのような危険性は無く心配は要らないとの事。ただし生食は避け加熱してから食すようにとの事であった。

既知の方には不要な情報と思うが、未知の方は参考にしていただければと思う。


----------------------------------------------------------------------------------------
お伺いしたいのは下記2点です。
 1.アニサキスのような危険性の高い寄生虫なのか?
 2.人間が食べても問題無いのか?

先日、日本海の磯で釣ったアブラコを三枚下ろしにしたところ、
大量の寄生虫の卵のようなものが、身の部分に入っていました。
(体長40cmの半身に40~50個くらい)

7匹釣ったうち5匹が上記のような状態。
残り2匹は4~5個程度。

画像を添付する手段が無いので伝わるかどうか分かりませんが、
詳細を以下に記します。

大きさ:5mm前後
色  :透明・透明色に黒いまだら模様・真っ黒と様々
形状 :透明の液体が詰まっており弾力がある。
    たまに長さ2mmくらいの白い寄生虫のようなものが入っている。
    手の平に乗せて観察するが動かず。触感はムニュムニュした感じ。
補足 :背びれの付け根は異様な程上記の物体が密集していた。

----------------------- Original Message -----------------------
Date: Tue, 15 May 2012 14:45:26 +0900
Subject: アブラコに付着していた寄生虫について
----

札幌市のホームページにお問い合わせいただいた件について、以下のとおり回答いたします。

基本的に魚介類の寄生虫が人間に寄生することはまれですが、
中にはアニサキスのように腹痛や嘔吐を引き起こすものもあります。
今回、アブラコに付着していた寄生虫は、メールの内容から推測すると
吸虫リリアトレマ類(参考:仙台市ホームページ
http://www.city.sendai.jp/kenkou/seikatsu/food/contents/QA/qa.html)
と類似しているように思われますが、実物を確認しないと同定は難しいのが現状です。
本件のように寄生虫が多数付着している魚介類については、生食せず、加熱して食べるようにしてください。
ちなみに、アニサキスは魚の内臓付近にとぐろを巻くように付着することから、
今回の寄生虫である可能性は低いと思われます。
もし詳細な同定が必要でしたら、寄生虫の写真をこのメールに送信していただけますと、
水産物の研究をしている専門機関(北海道中央水産試験場など)に
照会させていただきますので、ご検討ください。

【担当】札幌市保健所食の安全推進課食品保健係(℡ 011-622-5174)

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
   保)保健所 食の安全推進課 食品保健係
      TEL 622-5174 FAX 622-5177
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

--------------------- Original Message Ends --------------------




120512-133654.jpg

120512-133931.jpg

120512-134306.jpg

120512-134315.jpg


にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ
にほんブログ村


スポンサーサイト

COMMENT▼

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK▼

http://wkstn013.blog.fc2.com/tb.php/23-9577ab6f

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 

プロフィール

たぷじろう

Author:たぷじろう
夫婦釣り師たぷ&ちぷが織り成す、愛と憎しみとYシャツと私が渦巻くサスペンス釣り紀行。
魚を欲する欲望は計り知れず、自らの体を犠牲にして磯を彷徨う2人に未来はあるのか。
もうやめて…ちぷのHPはゼロよ…!
あなたの心の琴線に触れたり触れなかったり…戸惑うあなたへレッツフィッシング!

アクセスカウンタ

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

沿岸波浪予報

最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。