たぷちぷの北海道ガオりんぐ釣行記

岩内近辺でショアジギにハマってる夫婦の釣り日記です。「がおりんぐ」とは岩内弁で「疲れる=がおる」の進行形だったりします。。。

04<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >>06

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ついに本物ヒラメ&メガソイ!

2012年5月20日 晴れ 大潮


昨日までの疲労度がハンパ無かったのだろう。起きた時点で既にAM10:30。今日は釣りに行く事をやめ、妻の両親を連れて温泉にでも行ってのんびりしようかと思っていたが、母親が風邪を引いたらしく相当に具合が悪そうである。釣りに行く気はさらさら無かったので実家でまったりしてようかと思ったのだが、自分が相当に具合が悪いにも関わらず母親が私に気を使ってしまうので、とりあえず海に行ってみる事に。この時点では今日がこんな展開になるとは想像もしていなかった。

今日も磯に行ってみたのだが、いつもとは少し離れたところに陣取ってみた。そこは妻の父が昔よく釣りをしていたところで、何度か私も一緒に行った事のある場所である。今日は「釣ってやるぞ!」という気合というか意気込みはさらさら無く、天気もいいし日向ぼっこがてら釣りでもしようか、とそんな感じでまったりと準備をしながら現地へ到着。

一投目の時点で既に13:00。もしかしたらアブラコかホッケでも釣れたらいいなーぐらいの勢いでジグを投げ込み、着底したところでジャーク&フォールしながら探ってみたところ、ここはほとんど根が無く砂地主体のような感じである。

魚は根にしか居ないと思っているので、次はどこに投げようかな…と辺りを見回しながらジグをただ巻きしていたところ、急に竿先に重みを感じた。しかし魚のような感じはゼロ。ということはカジカ…?とも思ったが砂地にカジカは考えにくいし大体スイミングで食ってくるとも思えない。これはきっと底に沈んでたか海底近くを浮遊していた木の枝か何かだろうと思いながらリールを巻いていると、20m程先に海面に浮かんできたそれが見えた。何やら茶色い物体で、木の枝でない事は確かだった。はて…あれは何だ?と思った瞬間いきなり潜り出したので魚だろうという事は分かったが今まで見た事の無い種類である。

120520-130620.jpg

一体なんだ…?と思い抜き上げてびっくり仰天である。あがってきたのはなななんと意表を突くヒラメ。サイズも43cmとリリースサイズもクリア。あまりのあっけなさに拍子抜けしたが、次第に実感が湧いてくると大興奮である。ようやく待望の、ソゲではないヒラメだった事を妻に告げると、彼女も大興奮である。

120520-131312.jpg

紛れも無い天然ヒラメ。決して魚屋で買った訳ではない(笑

120520-131346.jpg

興奮冷めやらぬまま記念撮影。いやー海って本当にいいですね!来てよかった^^
しかしヒラメも基本はマズメ時としか認識しておらず、こんな真昼間に釣れるとは驚きである。
もうすぐ6月だしそろそろかなーとは思っていたが、もしかするともう岩内もヒラメシーズンに入っているのかもしれませんね。

120520-131432.jpg

「どうやって釣ったの?」と妻に聞かれたが、次はどこに投げようかと考え事をしながら釣っていたので記憶が曖昧である。着底してからただ巻きだったような気がしたがよく覚えてない。

その後もヒラメを狙おうと遠投したところ、着水直後に今度は明確なアタリと共に何かがヒット。根魚やホッケのような感じでは無かったのとかなりの重さだったので、まさかまたヒラメ?などとドキドキしながら巻き始めたが痛恨のバラシ。なんてこったい。あまりの事に超落胆である。ラインを回収してみて分かったが、リーダーとジグの結び目がほどけていた。く、くやしい…こんなバラシ方したのは初めてだったので悔しすぎる。逃がした魚は大きいというが正にその通り。あれは一体なんだったんだろう…

気を取り直し、今度は絶対にほどけないよう念入りに結びをぐいぐい締め込み、先程バラした地点へしつこくキャストするがさっぱり反応なし。まぁそんなもんですよね(泣

現地到着段階ではピクニック気分だったが今ではすっかり釣りモード全開である。もう一枚ヒラメを釣りたくてあれこれ試していたが、釣れたのはホッケのみ。しかしサイズはかなりいい。ほとんどが35cm以上の良型である。この大きさになると引きの強さはアブラコに引けをとらないので釣り応えがある。

そんなこんなでポツポツと良型ホッケを釣り上げていた私だったが、一方妻はというと正に昨日の私状態である。
見ていて可哀想な程釣れていない。彼女は基本ワームなので、色を変えたり場所を変えたり、果ては普段やらないジグにまで手を出していたが、アタリがあったりせっかく乗ったのに抜き上げ直前でバラしたりすぐ足元まで追いが見えたりするのに釣れないとの事。

こうまで対照的だと気の毒で仕方が無いし、せっかく自分が良型ホッケを釣っても嬉しさ半減である。しかし私にはどうしようもない。一匹でもいいから頼む何か釣れてくれ、という私の願いも虚しく彼女の竿はだんまりである。

この状況を何とかしたくて、遠投さえすれば何かが釣れると思いジグの遠投の仕方を説明するがなかなかうまく伝えられない。そのもどかしい気持ちもあって少し強い言い方になってしまい多少気まずい雰囲気になってしまった。うーむどうしてこうなってしまうのだ…よかれと思ってやった事だが、本人が望まない事をあれこれ横から口出しするのは下世話というもの。自分自身がそれを良く分かっていたはずなのに大失態である。すまぬ妻よ。説明下手な私を許して欲しい。

余談だが、私も1ヶ月程前まではフルキャストしてもせいぜい50~60mくらいしか飛ばなかった。単に投げ方が悪かっただけなのだが、ネット上に遠投の仕方を詳しく説明しているサイトが非常に少なく、YouTubeにあった動画を何度も何度も繰り返し見て、頭では理解できたのだがいざ自分でもやってみようとすると、ぜんっぜんうまくいかないのである。

ちなみに私が見た動画というのがこちら。音質はあまり良くないのにやけにBGMだけ音が大きいので視聴の際は音量にご注意いただきたい。



頭では分かっているのにうまく出来ない自分がもどかしく、悶々としながらとにかく上記の動画を思い出しながら回数投げてコツを掴もうと練習していたところ、唐突に体感として得心したのである。私が理解したのは次の3点。

 1.動画でも言っていたが練習の際のタラシの長さは第一ガイド付近がベスト
 2.振りかぶりはなるべくゆったりと行いジグは揺らさず一瞬静止させる
 3.静止した瞬間に振りかぶるのだが力を込めるのはこの瞬間のみ

こんな言葉で伝わるかどうか分からないが、この理解に至った結果、私の飛距離は格段に向上し80m程飛ぶようになった。そしてたらしをリールのガイドまで下げたところ、多少の練習が必要だったが向かい風でなければ100mくらいは飛ぶようになったのである。ちなみに私が使用するジグは40gがメインであるから、上級者であればもっと飛ばせると思うが、私にとってはこれで充分である。

そういう経緯があったので、妻にも是非体得してもらいたいと思ったがいかんせん説明下手な私である。しかし妻は半泣きになりながらも私の拙い説明をもとに一人で頑張って、ついにフォームと飛距離が劇的に改善されたのである。

そうこうしているうちに時刻も18:00を過ぎそろそろ札幌に帰らねばならない時間になってきたが、是非妻にも一匹くらいは釣って欲しい。どうせなら日没までやってみて、そこまでやってダメなら今日は諦めようと思いながらふと思ったのだが、そろそろノッコミの時期ではなかろうか。現にヒラメも釣れた。ちなみにノッコミとは春の産卵期に沖合いにいた魚が一斉に浅場に入ってくる事を指す釣り用語である。

これはいけるかもしれないと、大物ソイを狙ってみる事にした。根掛かり覚悟で根の付近をジグで探っていたところとんでもないアタリがきた。腕が疲れていたせいもあるが一瞬リールが巻けなくなる程の引きである。とにかくグイグイ潜ろうとするので強引に抜き上げたのがこれ。サイズは45cm程だったと思ったが、この大きさに似合わない物凄い引きであった。

120520-182927.jpg

そのアブラコをスカリに入れていたところ、ようやく待望の妻の竿にアタリがきた。
「結構大きい!タモ!タモ!」というので慌てふためきタモを持って駆け寄ったが、私が到着する前に強引に抜き上げてしまっていた。彼女曰く「どうしてもバラしたくなかった」からだそうだ(笑

しかしその魚体を見て仰天である。明らかに40cm以上はあるクロソイではないか。早速計測したところ、なんとなんと47cmの超デカソイである。今日一日の不調っぷりを補って余りある程の大物だ。嬉しさが感極まって半泣き状態で大喜びする彼女を見てほっとした。いやーよかったよかった。これで私も一安心である。

120520-184039.jpg

すごく…大きいです…

120520-184243.jpg

しかも普段「釣れる気がしない」と言ってあまり使わないメタルジグで釣った獲物である。頑張った彼女に賞賛を贈りたい。

120520-184330.jpg

それに続けとばかりに私もジグを投入したところ1分もしないうちに今日2枚目のヒラメをゲット。何だか怖いくらい調子良すぎである。

120520-1853490.jpg

気になるサイズは38cmと小ぶりであるがギリギリセーフ。一応キープしておく。

120520-185304.jpg

そして数分後、本日3枚目のヒラメをゲット。一体どうなってるんだろうかと思ったが、ふと気づけば今日は大潮で、しかもこの時間帯(この時点では18:59)は下げ6分と、状況としては申し分無かったのである。薄々そうなのかもなと現地では思っていたが確認するのも面倒だし、もういい加減撤収しなければならない時間である。

さっさと写真を撮って帰ろうかと思ったがこのヒラメ、何かおかしい。吐き出したものが体に付着しているのかと思ったがそうではなく、腫瘍のようである。

120520-185942.jpg

口の周りにも、ぼっこりと腫瘍様な物体がついているでは無いか…一体なんなんだろうかこれは。

120520-190004.jpg

腹側には私のニガテとするブツブツ系…写真を見るだけで体が掻痒感に襲われる。恐ろしや。

120520-190013.jpg

口の中まで腫瘍だらけである。恐ろしいのでこれは写真を撮影後、海にお帰りいただく。あんなに腫瘍だらけの割りには元気そうに底の方に潜っていった。

120520-190157.jpg

しかしこれは何だったんだろうかと気になったので、今度は水産試験場に直接問い合わせてみた。やり取りは以下の通りだが結論、人間が食べても問題無いとの事。しかしとても食べる気にはなれません…

-----------------------------------------------------------------------------
ご担当者様

お伺いしたいのは下記2点です。
 1.一体なんの病気なのか。
 2.人間が食べても問題無いのか。

先日、西積丹の磯でヒラメを釣り上げたところ、明らかに何かの病気でした。
インターネットで調べましたがどのような病気か全くわからなかったため、
問い合わせさせていただきます。
このヒラメは食べると良くないと思い、すぐ海に返しましたが写真を撮影したので
4枚ほど添付させていただきます。

特徴
・表側 白いブツブツのようなもの多数ある。それが繋がり、一直線になっている。
・裏側 透明?の水泡のようなものが多数ある。
・口  口の外側に大きな腫瘍がはみ出しており、口内も腫瘍で満たされている。
・補足 口の腫瘍は最初胃の内容物を吐き出したものかと思いましたが、確認
    したところ確実にヒラメの体から発生しているものでした。

以上、お手数おかけしますがご回答宜しくお願い致します。

----------------------- Original Message -----------------------
Date: Tue, 22 May 2012 11:29:51 +0900
Subject: Re: 天然ヒラメの病気について
----

 はじめまして、私、北海道立総合研究機構水産研究本部
企画調整部の○〇と申します。

 この度は、ヒラメに関する貴重な情報、写真等をお寄せ
いただきありがとうございました。

 お問い合わせのありましたヒラメの病気について、当本部
中央水産試験場資源増殖部に確認したところ「リンホシスチス」
というウィルス疾病が考えられるということです。

 詳しくは実際にその魚を調べてみなければ分かりませんが、
天然のヒラメにも見られる疾病であり、写真を見る限りでは、
その可能性が高いということです。

 また、この疾病は、人間には感染しませんし、食べても問
題はないとのことですので、ご安心ください。

 以上、簡単ではございますが、ご質問への回答とさせていただきます。
   
***************************************
地方独立行政法人
北海道立総合研究機構
水産研究本部企画調整部企画課
〒046-8555 北海道余市郡余市町浜中町238
TEL:(0135)23-8705
FAX:(0135)23-8720
***************************************

-----------------------------------------------------------------------------

ここでまた疑問である。リンホシスチス病とはどういうものなのだろうか。Wikiによれば特に問題ないらしい。詳細が気になる方はこちらを見ていただければと思う。しかし世の中には色んなウィルスがいるものだ。

そんなこんなで本日の釣果はこちら。
ヒラメ2枚、ホッケ8匹、アブラコ1匹、メガソイ1匹であった。

120520-201402.jpg

一番大きいホッケは37cmあったので背割りにして開きにしてみた。なかなかうまくいったので記念撮影。

120520-204443.jpg

私が釣った訳ではないが再度メガソイを記念撮影。重さは1.5kgだった。

120520-2111190.jpg

こんなメガソイ捌いた事無いのでどこから包丁入れたらいいのか戸惑ってしまう。

120520-211024.jpg

この時点で時間は既に21:00をまわっていたが、とりあえず釣った魚は全て頭と内臓を出しておく。話は反れるが、私は魚を捌くとき必ず胃の内容物もチェックしている。アブラコはカニを丸呑みしている事が多く、その他はオオナゴやアミエビ、まれにイカが丸ごと入っていたりする。それを見て何をどうする訳ではないのだが、魚達が今時期何を食べているのかを知るのは非常に興味深いので、このメガソイも何を食べていたのかと思ったら胃の内容物は空っぽ。そういうのも珍しくは無いが、相当腹を空かせていたのかもしれない。

それにしても今日は記録尽くめの一日であった。やはり釣りは楽しい。来週は土曜が出張と重なっているが何とか都合をつけて、またこの磯で釣りをしてみたい。


にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ
にほんブログ村


スポンサーサイト

COMMENT▼

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK▼

http://wkstn013.blog.fc2.com/tb.php/27-54cce78b

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 

プロフィール

たぷじろう

Author:たぷじろう
夫婦釣り師たぷ&ちぷが織り成す、愛と憎しみとYシャツと私が渦巻くサスペンス釣り紀行。
魚を欲する欲望は計り知れず、自らの体を犠牲にして磯を彷徨う2人に未来はあるのか。
もうやめて…ちぷのHPはゼロよ…!
あなたの心の琴線に触れたり触れなかったり…戸惑うあなたへレッツフィッシング!

アクセスカウンタ

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

沿岸波浪予報

最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。