たぷちぷの北海道ガオりんぐ釣行記

岩内近辺でショアジギにハマってる夫婦の釣り日記です。「がおりんぐ」とは岩内弁で「疲れる=がおる」の進行形だったりします。。。

06<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >>08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

またもや大物記録更新

2012年6月23日(土) 晴れ 中潮


今日もヒラメを狙いに岩内方面へ向かう。先週の記事にも書いたが、基本的に時期さえ合っていれば場所を問わずヒラメは釣れるはずである。それを検証するため、いつもとは違う磯へ行ってみることにした。

現地到着は15:30頃だったろうか。天気がよく海も穏やかで言うこと無しである。
最近はもう100gのジグにすっかり慣れてしまい、逆に40gは軽すぎて投げ方がぎこちなくなってしまう。
余談だが私の竿+リール+ライン+ジグの総重量は約1kg。
このスタイルに至るまで、あれこれと色々悩み総合的に考えて判断した結果ではあるが、果たしてこんな重くなっちゃってしっかり振り切れるんだろうか…といささか心配にはなったが案外あっさり慣れるものである。
普段の運動不足解消も兼ねて筋トレにはちょうどいいかもしれない。

120623-160128.jpg

今日はまだ昼食を摂っていなかったのでまずは遅めの昼ごはんからスタート。

120623-160336.jpg

…と弁当を食べながら何気なくあたりを見ているとここはゴミが非常に多い事に気づく。
私もタバコは吸うしとりあえず吸殻を地面に置いたりもするが、撤収する際は全て拾って持ち帰る。
今は大抵の人がそうだと思うのだが、中にはこのように吸殻をポイ捨てする人もいるようで残念である。

120623-160539.jpg

これはもっとひどい。ショックリーダーに使っていたものだと思われるが、3mくらいのラインと吸殻がこの有様である。こういうのを見ると、腹が立つというより情けなくなってくる。帰りに一緒に拾うとしよう。

120623-160552.jpg

弁当も食べ終わりいよいよキャスト開始。さらに天気が良くなり、こういう景色を見るだけで癒される。

120623-161434.jpg

とまあ気分爽快な状況ではあったが、いかんせん初めて来る場所なのでどこを狙ったらいいのか手探り状態である。
タナを変え位置を変えアクションを変えと色々試したが魚の反応はゼロ。
やはり実績のある場所へ向かうべきだったか…と思い始めたその時、
「すっごい重いのきた!」と妻が叫ぶではないか。

確かにロッドがいい感じにしなりかなり重量のある獲物のように見える。
気になるので妻のところへ行き海面を見ているとあがってきた魚体は確かにヒラメである。しかも結構大きい。
海面まで少し高さのあるところだったので抜き上げるには危険と思いタモを準備していなかったので素手で掴もうとした瞬間フックから外れ、あわや海に落としそうになったが何とか無事回収。
冷や汗ものである。しかしヒラメの歯は相変わらず鋭くて恐ろしい。押さえ込むのに躊躇してしまった。

気になるサイズはなんと55cm。妻にとっての初ヒラメは我々釣り班の最高記録になってしまった。
クロソイ47cm、アブラコ48.5cm、そしてヒラメ55cmと、大物記録は全て妻になってしまった。

実のところ妻は最近地味にヒラメを狙っていたのだがさっぱり釣れず、相当悔しい思いをしていたようである。そんな折、狙いに狙って狙い続けたヒラメをようやく釣り上げることが出来たので嬉しさもひとしおのようである。

悔しいが仕方が無い。ここは釣れるまで諦めず頑張った妻に賞賛を贈るしかあるまい。
しかし根魚系はいいとしてもヒラメだけは私も今年中に大物記録を更新したいところである。

120623-165301.jpg

うーむしかしデカイ。腹は真っ白の天然モノであった。

120623-165356.jpg

それに続けと私も黙々とキャストするが相変わらず生体反応ゼロ。こうまで釣れないとより疲労感に襲われやすくなる。ショアジギングというのは、かける労力の割に釣果が比例してついてこない、いわゆる「報われない釣り」と分かったうえで始めた事なので辛抱するしかない。

そうこうしているうちに「あれ…またヒラメかも?」と妻がのたまうではないか。後から分かったが今日は小さいジグが良かったようである。あがってきたヒラメは45cm。なかなかいいサイズである。

120623-182554.jpg

腹側は写してないがパンダヒラメであった。写真で見た事はあるが現物を見るのは初めてで、マジマジと観察してしまった。

120623-182640.jpg

それから1時間程経ったろうか。ようやく私にもアタリである。フッキングして巻いてくる感触から、恐らくヒラメだろうというのが分かったので「いやーようやくきたかー」と思ったのも束の間、フっとその重みが竿先から消えてしまった。訳が分からずとりあえずジグを回収してがっくりである。フックが曲がってバレてしまったようだ。こんなのアリですか…(泣

120623-192231.jpg

その後あたりが暗くなるまで狙ったがアタリも無く釣れる気配が無いので撤収。本日の釣果はヒラメ2匹、ガヤ1匹、そして目玉にスレ掛かりしてしまったアブラコの子供が1匹。明らかにリリースサイズではあるが、妻が釣り上げた時点で既に絶命していたので止む無く持ち帰った。

120623-211926.jpg

これが先程のパンダヒラメ。見事なまでの変色っぷりである。このままパピロームに侵食され続けるといつか白い部分が無くなったりするのだろうか。捌いてみたがやはり身は何ともない。ヒラメ2枚を食べきるのは難しいので5枚下ろしにしたものをご近所さんに進呈。味は不明だが多分問題無いだろう。

120623-212221.jpg

気になる胃の内容物は、身がほぼ溶けて背骨しか残っていなかったがどうやら7~8cmくらいのイワシのようである。それと同サイズのイカと思しきものも入っていた。ちょうど妻の使っていたジグとぴったりの大きさである。対して私のジグは14cm。なるほどそういう事かと納得。やはりマッチザベイトというのは重要な要素のようである。

先程のパンダヒラメも肉厚だったがこちらはもっと肉厚である。

120623-212816.jpg

下ろし終わった身。これだけでもかなりの重量感だった。

120623-213858.jpg

3枚下ろしではないので無駄なく下ろせるが、さすが妻の母が捌いたものは上手である。

120623-214123.jpg

そして今日は私の大好物である生寿司が用意されていた。感謝感謝である。釣りたてのヒラメも当然ネタにしたが刺身で食べてもうまい。もしこのサイズのヒラメを店で買ったら3,000円は下らないだろうし何より新鮮さが別格である。

120623-220613.jpg

これがヒラメのエンガワ。非常にウマイ。うまくとるには経験とコツが必要で簡単にとれるものではないが、時間をかけてでも是非綺麗に下ろしておきたい部分である。

120623-221453.jpg

そしてこれが身の部分。いわずもがな美味であった。

120623-221544.jpg

結局私はボウズだったが新しい場所でもヒラメが釣れる事が分かっただけでも収穫である。ヒラメ狙いで砂浜も一度は行ってみたい気もするし、岩内港ではマイカもあがっているとの事。そしてもうそろそろ出てきてもよさそうな、青物シーズンも間近である。今年最大の目標はショアからブリを釣る事なのだがやりたいことが多すぎて困ってしまう(笑




にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ
にほんブログ村


スポンサーサイト

COMMENT▼

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK▼

http://wkstn013.blog.fc2.com/tb.php/33-531459ff

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 

プロフィール

たぷじろう

Author:たぷじろう
夫婦釣り師たぷ&ちぷが織り成す、愛と憎しみとYシャツと私が渦巻くサスペンス釣り紀行。
魚を欲する欲望は計り知れず、自らの体を犠牲にして磯を彷徨う2人に未来はあるのか。
もうやめて…ちぷのHPはゼロよ…!
あなたの心の琴線に触れたり触れなかったり…戸惑うあなたへレッツフィッシング!

アクセスカウンタ

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

沿岸波浪予報

最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。