たぷちぷの北海道ガオりんぐ釣行記

岩内近辺でショアジギにハマってる夫婦の釣り日記です。「がおりんぐ」とは岩内弁で「疲れる=がおる」の進行形だったりします。。。

08<< 123456789101112131415161718192021222324252627282930 >>10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

KGS-1002HHの使用感について

2012年10月16日(火) 晴れ 大潮

ごく稀にではあるが「KGS-1002HH」というキーワードで検索しこのブログへ到達される方がおられる。
想像するにHHという竿の使用感というか、硬さ加減を調べるために検索されているものと思われる。

私もそうだっただけに、その気持ちは非常によく分かるものがある。(全くの見当違いならごめんなさい)
ちなみに私の場合、最近全く行って無いが自宅近くにNorthCast|ノースキャストというプロショップがある。
偶然にもそこにKSG-1002HHが置いてあり、店長に頼んで試し振りさせてもらえたのですぐさま購入に踏み切れたが、現物を手しなければなかなか決断しくにいものである。

勝手な想像だが、おそらく以下の様な思考過程で何かしらの情報を集めたいと思われた方が当ブログへ来られたものの、品番以外に大した内容も無い記事を見て落胆され、帰られているのだろうと思う。

重いジグを投げられる竿が欲しい
  ↓
竿にあまり予算をかけたくない(私の場合)
  ↓
メジャークラフトに120gまで背負える竿があった
  ↓
しかしHHとはどんだけ硬いのだろうか?
  ↓
硬すぎてただの棒だったらどうしよう?買うべきか否か?
  ↓
使ってみた感想や使用感のレポートは無いのか?
  ↓
それらしきブログ(当方)を見つけたが有用な情報が無くがっかり

これではいけない。せっかく来ていただいたのに非常に申し訳ない。
しかし文字だけで使用感をお伝えするのは私には荷が重い。どうしたものか。

思い出した。自分のフォームや竿のしなり感、しゃくり具合をチェックするため、以前妻に撮影してもらった動画があった。あれを見れば一目瞭然ではなかろうか、と。公開する事を前提に撮影したものではないので非常にお見苦しいとは思いますが、何かの参考になれば幸いです。

※注意事項
 1.風切り音がうるさい
 2.理解不能な妻の鼻歌が入ってます…

くれぐれも閲覧は自己責任でお願いします



多少はどんな感じなのかお分かりいただけただろうか。竿がかなり太いので空気抵抗もかなりである。しかしこの頑丈さは一度使うと手放せない。私は非常に気に入っている。ちなみに動画で使用していた構成は下記の通り。

 ロッド :KGS-1002HH     330g
 リール :バイオマスター6000HG  575g
 ライン :キャストアウェイPE3号    20g(リーダー:フロロ10号×5m込み)
 ジグ  :ドラッグジグ          80g
 -------------------------------------------------------------------------
              合計   1,005g

この竿を使う前はKGS-1002Mを使用していたので、HHというのは相当に硬いのだろうと思っていたが、動画を見ていただければお分かりと思うが80g~100gのジグをつければ「硬い」という感覚はほとんど無い。

さすがにミディアムクラスで40g程度のジグを投げるような「ビシッ!」とか「バシュッ!」という空を切り裂く投げ方は(私には)出来ないが、しっかりと重みを感じながらペンデュラムキャストが出来るので、個人的には非常に使いやすい竿だと思う。

また、私はそれほど筋力がある訳では無いのだが、一日中は無理でも1時間程度なら休み無しで振り続けても特に竿の重さというか硬さがネックになるといったことも無い。

しかし私の構成が大体1kg程だろうというのは知っていたが…あらためて見ると重すぎですな(笑
予算に余裕のあるエキスパートな方はもっと軽くてスマートな構成と思うが、運動不足な私にはこのくらいの筋肉負荷が逆に気持ちよかったりするのである。

ショアジギングは、かける労力の割に釣果が比例しない、いわゆる報われないスタイルの釣りである。
しかしそんな苦労を吹っ飛ばすような一発逆転の大物が釣れる、そんな釣りでもあると思っている。
どこまで通用するか分からないが、これからもショアジギングを楽しみながら色んな魚を釣ってみたいものだ。


にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ
にほんブログ村


スポンサーサイト

COMMENT▼

No Subject

検索してたどり着いたのはおいらではないですが、すごく参考になりました!ショアジギングってこうやってやるんだなぁって…(たぶんそこへの敷居は高いと思いますがいづれはやりたい)

ロッドすごくいい感じに見えますね!
おいらがその目的を果たすために見に来た人物ならきっとこれ買うと思います…残念なのは会社から見たので鼻歌も聞けませんでした(涙)

おいらがたぷちぷさんのブログを知ったのは「岩内 ヒラメ」だったです…最初はヒラメのだけ読もうと思っていたんですが、文書が面白すぎてブログの最初から全部読みました(笑)
これからも素敵なブログ待っています!

Re: No Subject

いつもコメントありがとうございます。
自分の発信した情報にレスポンスがあるというのはありがたい事です。

ショアジギング、敷居は高くないと思いますよ。高くはないですが、奥は深いと思います。
それはどんな釣りにも当てはまることですが(笑

私もまだまだ経験不足ですが、とにかくジグに拘り続けたいですし、いつかジグも自作してみたいと思ってます。
たかひろさんもメーターオーバーのヒラメ目指して頑張ってください。

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK▼

http://wkstn013.blog.fc2.com/tb.php/47-cfef6789

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 

プロフィール

たぷじろう

Author:たぷじろう
夫婦釣り師たぷ&ちぷが織り成す、愛と憎しみとYシャツと私が渦巻くサスペンス釣り紀行。
魚を欲する欲望は計り知れず、自らの体を犠牲にして磯を彷徨う2人に未来はあるのか。
もうやめて…ちぷのHPはゼロよ…!
あなたの心の琴線に触れたり触れなかったり…戸惑うあなたへレッツフィッシング!

アクセスカウンタ

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

沿岸波浪予報

最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。