たぷちぷの北海道ガオりんぐ釣行記

岩内近辺でショアジギにハマってる夫婦の釣り日記です。「がおりんぐ」とは岩内弁で「疲れる=がおる」の進行形だったりします。。。

06<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >>08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ホッケとイカと講習会

2011年12月10日 晴れ 大潮

この日は妻がホッケを釣りたいということでいつもの釣り場へ到着。
あまり詳しくないが今年はどうやらホッケが遅れているらしく、昨年来たときは人・人・人…と人でびっしりだったが見たところ5~6組だったろうか。激混みの釣りはあずましくないのでホッとした。

なかなか良い感じの波立ち
凪風景1

凪風景2

コマセを撒いてマグロ切り身をエサにウキ釣りするのが一般的なホッケの釣り方?らしいが、いかんせんそれ用の道具など持っているはずもなく、ロックフィッシュを狙うがごとくワームのみで、先客とは少し離れた場所に陣取ってみた。

アクションはよく分からないのでとりあえずスイミングでとキャストを繰り返すがどうも釣れない。
周りの方は、コマセでウキ釣りなのでポンポンとテンポよく釣り上げている。

やはりコマセか…と思った矢先、またもや妻に先を越される。

ホッケ2

どうも「ホッケ釣り」と聞くと、激混み・割込み・マナーの悪さ・ゴミ散らかし放題という、初めて目にした光景がそんな感じだった事もあり第一印象が良く無かったので、釣ってみたい!という意欲が湧いてこない。

しかしまあせっかく来たのだしと思い、スイミングに時折りジャークを混ぜながらタナを徐々に下げていくとようやくなかなかのいいアタリである。

これまた昨年の記憶であるが、妻の父から磯竿を借りてウキ釣りでホッケを数匹釣ったが、ソイやアブラコのような引きは一切無く、ただ竿先に重みを感じるだけのものだった事からホッケとはそういうものだと思っていた。

ので、この引きはホッケじゃない!何かは分からないけどホッケじゃない事は確かだ!とか思いながらあがってきたのは何とホッケ(笑

意外と引き味を楽しめるものなんだという事は分かったが、昨年の記憶は一体なんだったんだろう…(苦笑
そんなこんなであったが、コマセが無くてもその分タナを下げれば十分釣りになるという事が分かっただけでも収穫かな?

その後テンポ良く数匹釣り上げたがどうも単調で飽きてきたので、時期はとっくに過ぎているが今年は海水温が例年同時期より高めらしく、釣れる魚の時期がズレていると巷で見聞きしていたので、かすかな期待を込めてヒラメ狙いに変更。

ワームを40gのメタルジグに変更し青物狙いさながらのジャーク&フォールで低層付近を探り始めたところ数回目のフォールでなかなかよさげなアタリがきた。

しかしヒラメにしてはどうも違うような気がする。アブラコ…?とも思ったが引きが弱いし重みも無い。
まあ基本的に釣れれば何でもOK的な気持ちでやってるので、何かは分からないが期待しながら上がってきたのはなんとホッケ。。。

あんな激しいジャーク&フォールでも食ってくるんですかアナタは…
ホッケ1

色々と意外な発見の多かったホッケ釣りでした。
やればやるだけ釣れたのかもしれないがそんなに大量に釣っても仕方ないので昼になったところで帰宅する事に。

本日の釣果
本日の釣果

どう見ても脂が乗ってるようには見えなかったが他に思いつかなかったのでホッケの開きにしようと思い、妻の母に教えてもらいながら背割りを作っていたが、ふと「新鮮だし刺身とかどうなんだろう?」と思い、全くもって一般的ではないが三枚に下ろし皮を引いて刺身を作って食べてみた。

ホッケ刺身

食べてみて、ホッケの刺身が一般的ではない事を思い知った。釣り上げてからスカリに入れて生かしておいたので新鮮なのは間違い無いのだが、まずもって見た目が美味しそうに見えないし正直美味しくなかった。

どう美味しくなかったのかと言うと、まず歯ごたえがグニグニしており例えるならグミのような感じ。
そして肝心の味であるが、無味無臭とまではいかないもののあまり味が感じられないのである。私が味覚音痴なだけかもしれないが。。。

好みもあるとは思うが私はとても美味しいとは思えなかった。まあこういうトライ&エラーもやってみなけりゃ分からない訳で、そういう意味では良かったのかも。(不向きな刺身はすり身にして揚げていただきました)

その後昼寝をして夕食後に今度はソウハチ狙いで再びいつもの場所へ向かったが、いつもは水平線で隠れるか隠れないかぐらい沖にいるイカ船が異様なほど沿岸近くまで接近しており、しかもざっと数えただけでもいつもの倍以上の船が出漁しているではないか。

とりあえずそれはさておき先客の方へ釣果を聞いてみると、なかなか良型のソウハチを13~14枚上げましたとの事。これはいけると思い、いそいそと準備を始めるが折り悪くかなりの西風&雪が吹き荒れており普段やり慣れてない事も手伝い投げ釣りの準備にかなり手間取りようやくの第一投まで15分程度もかかってしまった。

しかしどうしてもイカ船が気になる。エギを投げれるような風ではないがジグならいけそうである。遊泳力の強いマイカならジグでも食ってくると本で読んだ事があったのでソウハチの投竿は妻にまかせマイカを狙ってみた。

40gのメタルジグをフルキャストしジャーク&フォールを繰り返すこと10分ほどだったろうか。明らかに魚とは違うムニューっというイカ独特のアタリである。おっ!おおっ!バレるなよ!とドキドキしながら釣り上げた、ジグでは初のマイカである。

マイカ0

マイカ1

ちょうど小規模な群れがいたのだろうか、20分程で3杯なんとか釣ることができた。
やはりイカジグは作っておくべきだったと大後悔である。使ったのは普通のジグにトリプルフックだったのでアタリはかなりあったものの乗せることができず相当数バラしてしまった。もったいなかった。。。

しかし秋というか初冬の戻りイカの引きたるや根掛りしたのかと勘違いする程の引きでありロッドのしなり方は尋常ではなかった。いやーしかしもったいなかった。早速カンナ買ってイカジグ自作しないといけませんね。
胴長は最大で30cm程度だったろうか。スーパーに並んでいる大き目のマイカと遜色無い程である。

マイカ2

マイカ3

その後アタリは遠のいたもののなんとかあと2杯追加し計5杯釣れたところであまりの強風&雪で釣りにならず無念の撤退。

翌日も朝マズメに行ってはみたものの強風によるうねりと波が激しく危険なので断念。

シケ

その日の午後は来年から始めてみようかと思っていた海アメ講習会へ行ってみた。
講師はTVや雑誌等でお馴染みの岡さん。開催場所は色々とお世話になっているノースキャストさん。

いかんせん海アメはやったことがないのでイメージ出来てないところもあったが色々と参考になった。
その後岡さんのご好意によりジャンケン大会で未発売新作ジグの抽選会があり、私は残念ながら負けてしまったものの妻が勝ち進み何気に新作ジグを手に入れていた。うらやましい。。。

海アメ講習会1

海アメ講習会2

それにしても日を追うごとに寒くなってきたが冬こそ大物という、よく分からないがそういうジンクス的なものがあるのでびっくりするような大物を釣ってみたいものである。

にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

COMMENT▼

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK▼

http://wkstn013.blog.fc2.com/tb.php/9-408ff06b

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 

プロフィール

たぷじろう

Author:たぷじろう
夫婦釣り師たぷ&ちぷが織り成す、愛と憎しみとYシャツと私が渦巻くサスペンス釣り紀行。
魚を欲する欲望は計り知れず、自らの体を犠牲にして磯を彷徨う2人に未来はあるのか。
もうやめて…ちぷのHPはゼロよ…!
あなたの心の琴線に触れたり触れなかったり…戸惑うあなたへレッツフィッシング!

アクセスカウンタ

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

沿岸波浪予報

最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。